妊娠初期の症状早見表|焦らないで大丈夫!

子供が出来ない夫婦が多い

男女

大阪府の中にある不妊治療に特化した病院の中には、漢方薬を利用して治療を進めて行く病院もあります。医薬品と比較した場合、漢方薬は緩やかな効き目があるため、不妊治療にかかる時間も長くなりがちです。また、不妊治療は女性に対してのストレスを与えてしまう事も多いので男性側が支えてあげるようにします。

妊娠がわかったら

女性

病気とは違う

妊娠初期とは、妊娠4カ月くらいまでのことを指しており、眠気や吐き気など体調が不安定になりやすい時です。しかし、体型の変化もなく、体調に変化がなければ妊娠に気づかない人がいたり、周りにも気づかれにくい時でもあります。妊娠は病気ではありませんので、普段通りの生活をすれば良いですが、体調がすぐれない時は無理をせず休んだ方がよいです。特に、初めての妊婦生活はわからないことだらけで、ちょっとの変化でも大丈夫だろうかと不安が大きくなります。何度も出産している人でも、毎回同じ妊娠初期の症状だとは限りませんし、他の人と同じ妊娠初期症状がでるとは限りません。出血がある場合や気になることがあるときは、早めに医療機関を受診し、不安を取り除くことで気持ちも楽になります。

妊婦生活を快適に

妊娠初期は普段よりも、服装や食生活などに気をつけて、ストレスのない規則正しい生活を心がける人が多くいます。例えば、ヒールをローヒールにしたり、体を冷やさないようにパンツにするなど服装に気をつかう人もいます。そして、妊娠すると便秘になりやすく、苦労する人も多くいるようなので、食物繊維を多く取ったり、こまめな水分補給をして腸内環境を整えることが大切です。食物繊維以外にも、妊娠初期から葉酸を摂取したり、カルシウムや鉄分などバランスの良い食生活も必要です。妊婦でも安心して服用できる便秘の薬や、葉酸は産婦人科でも処方してもらえるので利用する人が多くいます。このように、妊娠初期は不安を感じる人もいるので、無事に妊婦生活を過ごせるよう、普段の生活を見直す人が多くいます。

胎児と母体を守るために

医師

妊娠時に摂取した栄養素は、そのまま子供の栄養源となります。そのため、元気なお子さんを産みたいのであれば、妊娠中の食事を工夫することが大切です。例えば、葉酸や鉄分は胎児に欠かせない栄養素なので意識して摂取すると良いでしょう。

妊娠したら何を食べるの

妊婦

妊娠したからといって食事量を極端に増やす必要はありません。栄養バランスを見ながら2500kcalを目安に摂取するようにしましょう。気を付けることによって、妊娠中の合併症を防ぐことが出来ます。気にしすぎるのはストレスがたまるので、主食や調味料といった手軽に始められることから変えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 妊娠初期の症状早見表|焦らないで大丈夫! All Rights Reserved.