胎児と母体を守るために|妊娠初期の症状早見表|焦らないで大丈夫!

妊娠初期の症状早見表|焦らないで大丈夫!

胎児と母体を守るために

医師

太り過ぎは危険

妊娠中の妊婦の方がお腹の胎児のために気にするのが食事です。ひと昔前までは妊婦の方はお腹の胎児のためにたくさん食べて、そして出産に向けて栄養をたくさん摂った方がよいと周囲の方に言われていましたが、現在では妊婦の太りすぎは出産の時にとても危険なため良くないと言われ、病院によっては体重制限を受けたり太りすぎを注意されることがあります。妊婦の食事は食べすぎることなく、必要な栄養をしっかりと摂るものがよいと言われています。妊娠の初期の頃に多くの方がなるのがつわりです。つわりの影響でご飯を食べれなくなってしまう方は多くいます。この時は食べられるものを食べられる分だけ摂るのがおすすめです。本格的な食事の管理が必要になるのはつわりの症状が落ち着き、食欲が戻ってきたころからになります。

葉酸と鉄分は重要

妊婦に積極的に摂って欲しい栄養には、葉酸、鉄分、ミネラル、ビタミンなどがあります。特に葉酸は胎児の細胞分裂には欠かせない栄養になるので、食事の中でも積極的に摂ることが大切です。特に葉酸は胎児になる受精卵の頃からとって欲しいと言われている栄養なので妊娠を希望している方なら妊娠前から積極的に摂った方が良いです。そして、妊娠中は胎児にも母体の血液が回っていくため貧血になりやすい状態になっています。病院では何回か血液検査を行い貧血になっていないか調べることがあります。貧血の場合は鉄剤が処方されることがありますが、鉄分を食事から摂取することも大切です。鉄分を多く含むのがレバーですが、レバーの取りすぎはあまり良くないのでほうれん草やひじき、大豆製品などから摂るのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 妊娠初期の症状早見表|焦らないで大丈夫! All Rights Reserved.